坐禅で貯金1000万

坐禅を始めて貯金がみるみる増えていく。実体験を様々にお伝えします。

「五観の偈」で健康的な食生活

こんにちは。

禅宗寺院では食事の前に、五観の偈(ごかんのげ)という文言を唱えて、食事に対する感謝や心構えを表します。

私が時折、禅寺さんで粥などの食事をさせていただく際も、この五観の偈(ごかんのげ)を唱えます。

 

五観の偈曹洞宗圓通閣澤瀧山少林寺HPより引用)

 

【原文】

一には、功の多少を計り彼の来処を量る。(ひとつには、こうのたしょうをはかり かのらいしょうを はかる)

二には、己が徳行の全欠を忖って供に応ず。(ふたつには、おのれがとくぎょうの ぜんけっとはかって くにおうず)

三には、心を防ぎ過を離るることは貪等を宗とす。(みつには、しんをふせぎ とがをはなるることは とんとうをしゅうとす)

四には、正に良薬を事とするは形枯を療ぜんが為なり。(よつには、まさにりょうやくをこととするは ぎょうこを りょうぜんがためなり)

五には、成道の為の故に今此の食を受く。(いつつには、じょうどうのためのゆえに いまこのじきをうく)

 

【現代語訳】

  1. この食事がどのようにして出来たかを考え、自然の恵みと多くの人々の働 きを思い感謝致します。
  2. 自分の行いが、尊い生命と労力で出来た食を頂くに価するものであるか反省し、供養を受けます。
  3. 心を清浄に保ち、誤まった行いを避けるために、三毒である貪(貪り)瞋(いかり)痴(おろか)の三つの過ちを持たないことを誓います。
  4. まさに、食は良き薬であり、身体を養い、健康を得るために頂くのです。
  5. 五、仏の道を実践するために、この食事を有り難く頂戴致します。

 

この文言を唱えると(読むと)、とても有り難い気持ちになりませんか?

少なくとも、食べ物の好き嫌いは、しづらい感覚です。

貪りはいけないと思うと、食べる量に腹八分目を心がけるようになります。

 

そうなると、きっと健康管理につながります。

禅の世界に親しんで、健康にもなれるなんて、儲けものです。

 

ぜひ、禅や坐禅に親しみましょう。

以上参考になりましたら幸いです。

f:id:The-zen:20200612053452j:plain

juemiによるPixabayからの画像

 

https://the-zen.hatenablog.com/