坐禅で貯金1000万

坐禅を始めて貯金がみるみる増えていく。実体験を様々にお伝えします。

短所を知ると自分が強くなれる|遠藤保仁(ガンバ大阪)

こんにちは。

先日ふと見つけた本からの記事です。なんとお坊さんと遠藤選手が対談しています。

 

ありのままに、ひたむきに 不安な今を生きる|大谷光淳

 

著者の大谷光淳さんは、西本願寺門主(代表)を務める方です。そして本書は大谷光淳さんが「今の不安な生活や矛盾した社会の中で、人々に生きるよりどころを見つけてもらいたい」という思いで書かれたという事です。

そして本書の構成の中で、遠藤保仁さん(ガンバ大阪)との対談をしていらっしゃいます。

対談のタイトルは「ぶれることなく思いを伝える ともに、よい方向をめざして」となっています。

 

 

 

心に残った様々

僭越ながら、本書の中で私が心に残ったポイントを追っていきます。

 

メンタルの強さ

遠藤選手は「メンタルが体を動かす」と思っているそうです。そういう選手でないと、日本代表に入ってもすぐ外されてしますのだとか。

また、メンタルに関連して、遠藤選手は「自分の短所」を隠さず、常に自分が把握しておくようにしているそうです。「短所を知ると自分が強くなれる」そう思い様々な部分をバランス良くトレーニングするのだそうです。

 

白紙からの選択

遠藤保仁さんの著書「白紙からの選択」という姿勢が、仏教でいうところの「とらわれない」「執着しない」という事との共通点もあるとされています。

これに関し遠藤さんは、試合前に自分の情報も敵の情報もできるかぎり頭に入れた状態にしたうえで、常に「さら」の状態で絵がかけるようにしているそうです。

 

何も言わない監督がいちばんいい

遠藤選手は何も言わない監督がいちばんいいのだとか。監督は指示だけ出してベンチに座っているだけ、あとは選手が気づき、選手が行動して結果を出す。

しかし現実はまずそうはならない。

また、遠藤選手はチーム内の若い選手に対して、基本的に何も言わないそうで、何か言うときはアドバイスを求められた時だけなのだそうです。

 

岡田監督について

元日本代表監督の岡田武史さんは、どの国の試合をみてるんだというほど世界中の試合を見て、日本が強くなるためにはどうしなければならないかというのをいろいろな観点から考えておられた。コンマ1秒でも足を速くするために、陸上競技の先生に会いに行ったりする。そういう積み重ねが世界との距離を縮めることになるので―という内容です。

地味で小さな積み重ねが光り輝く成果を生む事に感動を覚えます。そんな岡田監督は坐禅人として知られた方です。以前に記事にしておりますのでよろしけばそちらもご覧ください。

 

遠藤保仁さんについて

遠藤保仁さんはサッカー元日本代表の選手として出場最多記録を持っておられる方です。2009年アジア年間有鬚選手。2014年JリーグMVP。J1最多の出場回数など、日本サッカー界でひときわ光る存在です。独特のマイペースなキャラクターとプレーから私もファンの一人であり、応援しています。

 

 しめくくり

私のブログのテーマから考えますと、「短所を知ると自分が強くなれる」「『さら』の状態」これらは禅の考え方と近いものを感じます。遠藤選手は禅を意識しておられないと思いますが、興味を持つところであり、遠藤選手の考え方に学習となる点を見つける次第です。

以上、お読みいただきありがとうございました。

 

f:id:The-zen:20200709215940j:plain

Photo by Franck V. on Unsplash

 

◇参考文献

遠藤保仁 - Wikipedia

 

お題「#応援しているチーム

お題「我が家の本棚」

https://the-zen.hatenablog.com/