坐禅で貯金1000万

坐禅を始めて貯金がみるみる増えていく。実体験を様々にお伝えします。

私の「マイ坐蒲」ご紹介

こんにちは。

 

今回は私の愛用している坐蒲(ざふ)をご紹介します。

*坐蒲(ざふ)とは、坐禅の姿勢を落ち着ける坐具の事です。直径30㎝程度の丸い形のものが主流です。

 

①家庭の座布団

まず、坐禅を始めた頃は家庭にある座布団を代用として使っていました。座布団を二つ折りにして代用できると、本やネットで知りまして、そのまましばらく続けていたという具合です。今は使っていません。

f:id:The-zen:20210406100824j:plain

家庭の座布団

 

②お寺用の坐蒲

その後、坐禅の習慣も長くなってきたので、「やはりきちんとした道具を使おう」と思い、本格的なお寺用坐蒲を手に入れました。

f:id:The-zen:20210406100958j:plain

お寺用の坐蒲_俯瞰

使ってみると、やはり坐蒲はしっかりと坐禅の姿勢が落ち着くポイントが見つけやすく、より坐禅への取り組みやすさが高まりました。

f:id:The-zen:20210406101111j:plain

お寺用の坐蒲_側面

さすが、坐禅の為に生み出された道具!その効果を思い知りました。

側面の白いラインは名前を書くところだと、お寺で教わりました。

ちなみに「道具」はもともと仏教用語です。

f:id:The-zen:20210406101258j:plain

お寺用の坐蒲_白いライン

 

 

③デザイン性のある坐蒲

②のお寺用坐蒲団ですが、家のインテリアにはどうもマッチせず、お寺感覚そのままの坐蒲に違和感を感じていました。そこで、こちらのデザイン性を盛り込んだ坐蒲も使うようになりました。坐蒲と一緒に「坐禅のしかた」の解説書が付属してます。

f:id:The-zen:20210406101357j:plain

デザイン性のある坐蒲_俯瞰


やや印象がやわらかくなり、坐禅用としてだけではなく、ローテーブルに座ってPC作業をする際にも(ブログを書く時も)使用しています。

側面には持ち手がついています。

 

f:id:The-zen:20210406101546j:plain

デザイン性のある坐蒲_側面の持ち手

生活と坐禅の境界が、緩和されたようにも思います。

f:id:The-zen:20210406101842j:plain

デザイン性のある坐蒲_アップ

禅では宇宙に例えられる「円相」を用いたデザインです。

 

 

以上、私の愛用している坐蒲をご紹介しました。

坐蒲は一般的な丸いクッションに比べて高額だと思います。その理由は、中綿にパンヤという型崩れしにくい綿を用いていたり、生地の独特の縫い合わせ方にあるように思います。

しかしながら、坐禅には適したよくできた道具だと関心します。

 

私は皆様に坐禅をおススメしていますが、まず最初はご自宅の座布団などで坐禅を試し、そのうちできれば、きちんとした坐蒲でやっていただくのが良いのではと思っています。

ぜひ、ものは試しに坐禅してみてください。あなたの未来がよりハッピーなものになりますように!

 

 

 

◇関連記事

the-zen.hatenablog.com

 

お題「#新生活が捗る逸品」

https://the-zen.hatenablog.com/