坐禅で貯金1000万

坐禅を始めて貯金がみるみる増えていく。実体験を様々にお伝えします。

日本サッカー岡田監督を支えた「坐禅」

こんにちは。

Jリーグが再開したこともあり、今回はサッカーに関する投稿です。

 

日本サッカー界の重鎮、岡田武史さんは坐禅をされる方です。

「指導者としての能力を高める為に脳科学、禅、経営などありとあらゆることを猛烈に勉強した」「試合前にロッカールームで20分程度の坐禅を行うルーティンを持っている」などのエピソードがあります。

 

◇参考記事:NPO法人コーチ道 より抜粋 https://coach-do.com/interview/2-2/

決断というのは、どちらを決めるかではなく、自分がどういう状態で決めるかが問題なのです。どうしようかなとあれこれ考えると大体ダメです。座禅で言う「とらわれのない状態」になれると、その時の決断はほとんどはずれていません。

 

◇参考記事:SPORTS NAVIより抜粋 

https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201806050007-spnavi

 怪しいことを言うようだけれど、初戦のカメルーン戦の前、僕はロッカールームで10〜20分くらい座禅をしたのね。それで、スーッと、スタジアムに入った瞬間、「あ、今日、勝つな」と思った。

「俺、このスタジアムの全部をコントロールしている」っていう感覚になったの。怪しいかもしれないけれど、本当にそう感じたんだからしょうがない。それぐらいハマった。

 

坐禅人である岡田監督の実績は華々しいものです。

  • 1997年 日本代表代理監督として日本初のワールドカップ本選出場を果たす
  • 2000年 J2 コンサドーレ札幌監督として優勝
  • 2003年/2004年 J1 横浜F・マリノス監督として優勝 2回
  • 2009年 日本代表監督としてワールドカップ本選出場を果たす
  • 2010年 日本代表監督として日本初のワールドカップ決勝トーナメント進出

日本サッカーの躍進にも坐禅があったというのは、とても驚きですし、同じ坐禅人の私としては、嬉しく思います。

 

岡田武史さんは現在、経営の道へと進まれ、FC今治の運営会社社長、大学の特任教授、日本サッカー協会の名誉役員としてご活躍されています。wikipediaより)

2020年現在63歳、今後再び日本代表を率いる事などもあるのでしょうか。その際には岡田監督とチーム日本を必ずや応援します。

岡田さんもそうですが、アスリートにも坐禅をする人がけっこう多くいらっしゃると見聞きします。

常に「今この瞬間」に集中する坐禅が、一瞬一瞬の決断が勝敗を決するともいえるスポーツに合致しているという事なのでしょうか。興味深く思います。

 

今回はサッカーに関する話題でした。

以上、参考になりましたら幸いです。

f:id:The-zen:20200628175253j:plain

◇関連記事

the-zen.hatenablog.com

the-zen.hatenablog.com

お題「#応援しているチーム

https://the-zen.hatenablog.com/