坐禅で貯金1000万

坐禅を始めて貯金がみるみる増えていく。実体験を様々にお伝えします。

トイレ掃除は夫がしている

こんにちは。

 

仏教の禅宗ではトイレを東司(とうす)と呼び、守り神として烏枢沙摩明王(うすさま明王)をお祀りしています。怒りの表情をした烏枢沙摩明王が炎で不浄を焼き尽くすといういわれがあるそうです。その為、禅宗寺院ではトイレという場所に敬意を払い、日々の掃除を怠らないのだとか。かくいう、私が坐禅会でお世話になっているお寺も、いつもトイレはピカピカ、そしてやはりトイレ付近には烏枢沙摩明王の像をお祀りしていらっしゃいます。

 

また、金運にはトイレ掃除が大切だと多く見聞きします。いわれは多くありますが、家中の様々な場所にいらっしゃる神様の中でトイレの神様が最も強力であるともいわれます。また、カー用品店のイエローハットのように、トイレ掃除に励んだ企業は不思議と業績がうなぎ上りになった、などの事例も多く存在しているようです。

 

トイレ掃除を重んじるという点で、禅とお金にまつわる共通点があるという事は私にとって見過ごせない重要項目です。

 

そんな我が家では、主に夫である私がトイレ掃除をしています。普段から綺麗にしているので、掃除をするのは月に2〜3度くらいペースです。それでも基本的にいつもピカピカです。私がトイレ掃除を進んでやるようになって、かれこれ15年ほど経過します。思い返すとヒット曲「トイレの神様」が流行する前からです。あの曲で、世の中にトイレ掃除がブームになった気配がありました。

 

後に本で読んだと記憶しているのですが、かの斎藤一人さんが「トイレ掃除は一家の主がやるのが最も運気が上がる」と書いておられました(記憶)。

 

そう考えるとお金が少しづつ増え始めたのは、私自身がトイレ掃除をするようになってからです。トイレ掃除を習慣化するようになってから「給料は天引き貯金がベスト」という巷の情報を知り、勤務先の財形貯蓄、すなわち天引き貯金を始めました。財形貯蓄の威力はゆっくりではありながらとても着実で、数年後の住宅購入の頭金として活用しました。

 

かれこれ、トイレ掃除がどれだけ私に金運をもたらしてくれたかは一概には言えませんが、当ブログのタイトルにもあるように、貯金が1000万円を超ている状態です。

 

もちろん私的には坐禅によって心身がととのった結果でもあると考えています。


以上、私のトイレ掃除体験談をご紹介させていただきました。ご参考になりましたら幸いです。

Photo by charlesdeluvio on Unsplash

 

https://the-zen.hatenablog.com/