坐禅で貯金1000万

坐禅を始めて貯金がみるみる増えていく。実体験を様々にお伝えします。

「うらを見せ おもてを見せて 散るもみじ」 良寛

こんにちは。

 

禅僧、良寛和尚(1758-1831)の辞世の句です。

うらを見せ おもてを見せて 散るもみじ

 

自分自身の表も裏もすべてさらけ出して生き切った。そして今、死に行く…。

そういった意味があると感じます。

 

良寛(りょうかん)は俳句・書の達人。子供たちに良く好かれ、一緒に遊んだエピソードで知られます。禅の精神を地でいった人物で、生涯にわたって寺を持たず「起きて半畳寝て一畳」の広さがあればいいと、山間の狭い庵に住みました。「本来無一物」とばかりに、一つの鍋で顔や手足を洗い、煮炊きもしたのだそうです。自分自身の質素な生活を通して人々に禅の教えを説いたのだとか。

このストイックな禅僧である良寛和尚は、晩年になんと40歳も年下の尼僧、貞心尼(ていしんに)に恋をしてしまいます。貞心尼とは歌のやりとりや逢瀬を重ね、愛を育んだといいます。この意外なエピソードがとても人間らしく、良寛への親しみが強まります。

 

この恋愛を含めて「うらをみせ おもてをみせて ~」と読むと、また味わい深い一句となるのです。

 

以上、禅と親しむ一句としていただけましたら、幸いです。

f:id:The-zen:20210616132710j:plain

unsplush

◇参考書籍

珠玉の日本語・辞世の句|北原照久

今週のお題「575」

お題「我が家の本棚」

 

https://the-zen.hatenablog.com/