坐禅で貯金1000万

坐禅を始めて貯金がみるみる増えていく。実体験を様々にお伝えします。

「挨拶」は禅語

こんにちは。

私たちが普段何気なく使っている言葉の中に、実は「禅語や仏教用語」というものがいろいろとあります。そんな面白みのある発見をご紹介できればと考えています。

 

「挨拶(あいさつ)」、実は禅語です。

 もともと禅宗で僧侶が問答を繰り返しやりあう事という意味でした。「挨」は推し迫る、「拶」は軽めに迫るという強弱だとか。転じて現代では、私たちが日常的に交わす会釈や受け答えの意味になりました。

 

時に禅問答で互いに相手の実力を推し量る「挨拶」という事でしょう。

今日のさわやかな「挨拶」とは違いますね。ですが「挨拶がわりに小言をいう」みたいな事は現代にもありますね…。

 

語源を知ると「挨拶」を軽んじてはいけないと思えてきます。きちんとした「挨拶」を心がけようと思う次第です。

 

 以上、実は禅語だった「挨拶」をご紹介しました。

 

◇参考文献

 書籍「禅語」パイインターナショナル

https://the-zen.hatenablog.com/